この世紀末の世を生き抜くために

林芳江(障害福祉賞)脳性まひ障害とともに生きる姿

      2018/01/24

Pocket

1.障害者として生きること

12月21日放送のハートネットTVでは
「脳性まひ」という全身が不自由で若い頃は諦めていた
「自立」を模索していた林芳江について特集されます。

林さんは「障害を克服し、健全者に近づいて同じように自立するように」
と親からいわれて育つが、20代半ばして挫折してしまい、
社会での自立を諦めかけていたようですが、
障害を受け入れいきいきと生きる他の障害者たちとの出会いに
よって動かされ、自分らしい生き方を模索している様子が放送されます。

今私も発達障害経由の精神障害で、
親から正社員になり自立しろと言われていて正直厳しい状況で
人生を模索しているという似たような状況にあるので、
この番組で林さんの生き方を参考にしたいと思います。

そういう意味でも必見ですね。

関連記事:継続と能動的であること(発達障害者手帳希望)

スポンサーリンク


 

2.心のバリアフリー(誰もが生きやすい社会を目指して)

北九州市では障害者(身体・知的・精神)は人口の7%で、
その割合が年々増えています。

特に私のような発達障害の人が増えているという話は
よく聞きます。

林芳江さんは現在、障害者の自立生活を支援する
NPO法人「北九州自立生活センター」の事務局長をやられています。

 

・障害のある人は、身の回りの「自立」にこだわらないで

出典:市民だよりきたきゅうしゅう

 

林さんが自立を求められるのようになったのは、母がアルツハイマー病で入院した時です。
その時、地域の人の力を借りてアパートで一人暮らしを始めた時だった。
着替えや食事等自分のことだけでなく、母の介護にも追われる日々、
そういう日々が3年間続いたという。

その後、介助サービスの充実もあり、自分の時間が作れるようになり、
30代になり、その時の「自分自身、これまでの多くの人に支えられてきた」
というのが障害者を支援する仕事をするきっかけとなったとのことです。

外国では障害者が当事者の目線で障害者に支援を行う
「自立生活センター」がある。

日本にもこのような組織を作れるかと思い、障害者の仲間とともに
今の前進である組織を立ち上げた。
さらなる協力を得て今のセンターでは
自立に必要な知識・技術をみにつけてもらう
訓練の提供、住む場所の探し方等
具体的な相談、メンタル的なサポートに力を入れている。

障害者が障害者を無理をすることなくできる範囲で
助けて共に生きていくこれこそまさにWIN-WINの関係で
本来あるべき障害者福祉だと思います。

障害のことはなった本人しか分からないので。

関連記事:岩崎航(五行詩人)の病気と兄弟について

スポンサーリンク


 

3.かかわり合いから、よりよい社会をつくる

対話
以下、林さんのインタビューの引用です。
素晴らしいことを述べられています。

1.どうしても苦手なことは支えてもらい、得意なことを生かすこと

2.能力や効率ばかりを重視せず、もっと許容する心、認め合う心、
 『心のバリアフリー』が社会全体に広まれば、障害者は生活しやすくなる

3.障害の有無に関係なく、人と人が対等につながり、
  いつでも支え合える社会になれば価値観が多様化し、誰もが生きやすくなる

4.支え合いの関係は対話から始まります。
支え合いが生まれるきっかけが「障害」

  それって素敵じゃないですか!

出典:市民だよりきたきゅうしゅう
物質的に恵まれた今の時代、
過度に能力や効率ばかりを重視する必要はあるのでしょうか。

人との関わりあいつまり対話から
始まる支えあいが本当に重要だと思います。

そのきっかけが障害だと考えるようになれば素敵です。
私も障害で支え合う関係が関係ができればいいなと考えています。

できないことはできないと認め、
得意なこと、できることをやる
それだけでいいんじゃないでしょうか。

今の日本は、同調圧力が強くて障害者にとっては
生きづらいから社会が変わっていく必要があると思います。
発達障害者手帳の新設よろしくお願いします。

日本の労働環境もきちんと法令を守って、能力・効率重視をするのを
やめて労使が対等に対話することからはじまればいいなと思います。
適材適所という言葉を忘れてしまっているんでしょうか。

関連記事:リアル北斗の拳日本 強者が法令違反を平気でするおかしな国

スポンサーリンク

 - person, その他

  関連記事

継続と能動的であること(発達障害者手帳希望)

目次1 毎日ブログを更新すること2 ブログの小爆発3 能動的であること 毎日ブロ …

知らないと損 雇用保険受給時のボランティアする時は要注意!

目次1 ボランティアも申告が必要なのはなぜ?2 ハローワークにあるという高性能コ …

浦沢直樹の妻と子供は?結婚が仕事に与える影響

NHKで放送される「浦沢直樹の勤勉」で漫画家がどのように苦悩して漫画ができていく …

知らないと危険!健康第一の意味を再確認しましょう

当たり前のことのことですが、 人間が生きていくためには 健康が第一です。 なぜ、 …

室井佑月の息子はラサールに合格?嚢胞は大丈夫なの?

タレントと小説家でテレビで辛口コメントが 特徴の室井佑月さんが話題となっています …

田中勝春は結婚式は豪華だった?騎馬が下手といわれるワケとは

顔が似ているから「騎馬界の反町隆史」といわれる 田中勝春さんが1月9日の有吉反省 …

上村愛子は現在病気は大丈夫?不妊や旦那、子供はいる?

ソチオリンピックで元モーグルの選手である 上村愛子さんが今夜の「鶴瓶の家族の乾杯 …

ナマドル佐藤唯の性格!ベッキーとの不仲で悪質うつ状態?

山形弁のナマリで個性的な印象がある ナマドルの佐藤唯さんですが、 性格やベッキー …

知らないとヤバイ!成功率をあげるにはライブ感が必要なワケ

セリーグでは広島カープが神がかっていて たぶん優勝はほぼ間違いない状況ですが、 …

ブラック企業で体を壊すならば生活保護を申請するためにまず相談しよう! 生存権の主張は当然の権利です

みなさん、お金がなくなり生活が困窮した時の事を考えたことはありますか? 自分には …